「僕たちがやりました」 見逃し動画(再放送)配信情報と最終回(放送回数)情報

「僕たちがやりました」 見逃し動画(再放送)配信情報と最終回(放送回数)情報

窪田正孝さん主演のドラマ「僕たちがやりました」

「僕やり(僕たちがやりました)」がいよいよ放送開始となります。
原作は同名の人気漫画「僕たちがやりました」です。

主演の窪田正孝さんの高校生姿が何かと話題ですが永野芽郁さんや新田真剣佑さん、川栄里奈さんなど話題の多い作品ですね。

そんな今季、最重要ドラマの「僕たちがやりました(僕やり)」のドラマの見逃し配信情報をお伝えしていきます。

「僕たちがやりました(僕やり)」見逃し動画と再放送について

基本的にこの「僕やり」の再放送は不定期に全国各地で放送されるようです。
実際には制作会社がフジテレビではなく関西テレビなので関西圏を中心に地方局が独自に再放送を予定してきます。

フジテレビに関しては残念ながら再放送の予定はありません。

「僕たちがやりました」見逃し配信について

そんな再放送日程のバラバラなドラマですが「見逃し配信」を利用すればいつでも見たいときに視聴することができます。

ただ、少し残念なことに最近のドラマによくある「無料視聴期間」がありません。
基本的にすべて有料での配信となります。

有料配信はフジテレビオンデマンドでの視聴となります。

最新話の配信は23時30分からとなる予定です。

1話ごとに324円(税込)となり全話見逃しパックは1620円(税込)となります。

放送回数は10回を予定していますから全話パックは半額での視聴ができるのでかなりお得な選択となります。

注意!
「僕たちがやりました」はフジテレビオンデマンドの見放題プラン「FODプレミアム」での視聴対象外ですのでご注意ください。

「僕たちがやりました」放送回数と最終回について

「僕たちがやりました」の放送開始は7月18日となります。
放送回数は10回を予定していますので何もなければ最終回は9月19日となります。

お盆特番などがあると少し変更となるかもしれません。

9月19日もしくは9月26日あたりが最終回となるでしょう。

「僕たちがやりました」原作からの期待感

f:id:aeron501:20170718210931j:plain

ここから先は少しネタバレを含みますのでご注意ください。

原作マンガは9巻で完結となります。
物語はかなり「思わぬ方向」に行きます(笑)

高校生の話なのですが割と大人な場面も出てきます。
マンガではOKでしたがテレビとなるとあまり過激な内容は難しいように思いますからどんな感じで再現してくれるのでしょうか。

原作は物語がめまぐるしく進むので一気に読めました。

僕たちがやりました 視聴率と感想や評判

原作漫画ファンもきっと楽しめると思います。
「僕たちがやりました」
気になる視聴率や感想、評判ですが随時追っかけ更新をしていきたいと思います。

「僕たちがやりました」各話の視聴率
・1話視聴率:7.9%
・2話視聴率:6.5%
・3話視聴率:6.6% ・4話視聴率:
・5話視聴率:
・6話視聴率:

「僕たちがやりました」1話の視聴率と感想

1話の視聴率は前評判というか個人的には期待をしていたのですが思うように数字は上がりませんでした。
同じフジテレビ9時台月曜日のコード・ブルーの視聴率(16.3%)の半分にも届きませんでした。
結果として【7.9%】という数字で今期のドラマの中でも下から数えた方が早いです。

また1時間違いのTBSドラマ「カンナさーん!」は12%を叩き出していますから言い訳できない状況です。

「僕たちがやりました」2話の視聴率と感想

2話も1話に続きあまり振るわない状況。
1話よりも少し下げて【6.5%】という 結果になりました。
ストーリーはおもしろいのですが何が悪いんですかね…

前出の「カンナさーん!」が2話も12.6%と好調なので余計に残念です。

「僕たちがやりました」3話の視聴率と感想

3話は0.1%ですが【6.6%】と微妙に持ち直しました..
「ハロー張りネズミ」が3話で落ちてきて同じ6.6%となりました。

「僕たちがやりました」もこれからどんどんおもしろくなっていきますので期待しています。

「僕たちがやりました」ネットの声

パイセン(今野)が逮捕された。
パイセンは、警察でも口を割らない。後輩達を本当に大事な友達だと思ってたんだろう。
トビオ(窪田)の演技が捕まるかも知れない恐怖をうまく表してた。

マル(葉山)のヘタレぶりと女装が可愛い。
従順にみえるマルが裏切るとは意外で面白い。
高校生だからだが、考えが浅はかで情けない。
しかしすぐに自分は現実逃避してると認めたところはうなずける。
トビオがいつ100万使ったのかなと思ってたら隠していたとはさすが。
頭がいいんだか悪いんだか。

自殺したと思ってた、伊佐美(間宮)が正気を無くしてる感じで戻ってきたが、仲間に逃げろと指示するところは誰よりもマトモに感じた。今宵(川栄)もいい子でバカップルだと思ってたけど、いいカップルだった。

市橋(真剣佑)の死んだ魚のような目が元気にリンチしてた時より覇気が無くなって怖かった。若かりし頃の岡本健一を思い出させる。
挿入歌もノリが良くて楽しめる。
笑えるところと恐怖感のバランスがいい


パイセンが空港で逮捕されてから、トビオを含む仲間3人が追い詰められ、それぞれの人間性が浮き彫りになったような気がします。
特にトビオのお金を持って逃げたマルには驚かされたし、やりたいことを追うほうが楽しいとはいえ、友情まで捨てるなんてイメージダウンしました。
首を吊ったはずの伊佐美が戻ってきたのは安心しましたが、パニック状態になっている姿は痛々しさを感じました。

爆薬を仕掛けた場所の違いに気づき、真犯人はパイセンを目撃した、矢波高校の先生かもしれないという疑惑がありましたよね。
その瞬間、伊佐美とトビオは安心していたようですが、私は一抹の不安を感じました。

ラストシーンでも分かるように、本当に怖いのは警察ではなく、矢波高校の市橋だからです。
足が不自由になった市橋のツラさも分かりますが、復讐する相手はトビオたちではないかもしれません。

トビオたちが痛めつけられるのが先か、それとも真犯人が明かされるのが先か、今後も目が離せない展開だと思います。

「僕たちがやりました」4話の視聴率と感想

「僕たちがやりました」の第4話ですがやはりまた少し視聴率が下がってしまいました。
今回の視聴率は5.8%となっています。
第3話で同じく6.6%となっていた「ハロー張りネズミ」は4.8%となっており、まだ良かったかなと思います。

「僕たちがやりました」は原作漫画のオリジナルとは異なる部分もありますが基本的には原作に忠実です。
存在感バツグンの水川あさみさん演じる丹下高の教師立花菜摘がドラマオリジナル設定ですのでラスト辺りはドラマ独自の展開になるかもしれませんね。

そんな中、5.8%とちょっと残念ではありますがこれからもっと佳境に入っていきますので話題の作品となって欲しいところです。

「僕たちがやりました」4話ネットの声

「主人公たちの成長する姿が見え始めてきた」
爆破事件の犯人として逃げ回っているトビオ(窪田正孝)に新たな先輩が出来る。
その名は「ヤング」怪しい人物の登場である。

自分たちが犯人でないと蓮子(永野芽郁)から聞かされて微かな希望を持ったが、矢波高の化学教師の部屋に忍び込みパソコンのデータを見てやはり犯人は自分たちだと確信する。
爆破事件で体が不自由になってしまった市橋哲人(新田真剣佑)は蓮子に胸の内を打ち明ける。
自分はこんな不自由な体になったのに、犯人のトビオ達は自由に逃げ回っている。
考えるだけで胸が苦しくなる、と。

事件の犯人になってしまったかもしれないと逃げ回る主人公たちと、その犯罪のせいで自由を奪われた若者がいる。

今まで何不自由ない生活をしてきた若者たちが、どう考えどう行動していくのか。

はじめは意味の分からないドラマだと思っていたが、ストーリーが進むにつれてドラマの核心が見えてきた。

若者たちの成長していく姿に今後の話も期待したい。


「ゲスト出演者が見どころの4話」
もちろん主演の窪田正孝さんや間宮祥太郎さんなどの旬の若手俳優が出ているのもこのドラマの見どころで、個人的には川栄李奈さんがとっても可愛くて大好きです。

元アイドルとは思えないくらい演技派だし、3話のベットシーンも結構リアルでドキドキしました。

4話のゲスト出演のおのののかさんや桐山漣さんが登場したのはびっくりしました。

特に桐山漣さんのホームレス姿はすごくリアルだったけど、案外似合ってたのが良かったです。

でも、イケメンだからあんな格好でもすぐに桐山漣さんだとわかりました。
是非とも次週からも出演してもらいたいです。

1話では加藤諒さんが出演してたりとゲスト出演の方々が豪華なので、これからどんな人がゲスト出演するのかも見どころだと思います。

「僕たちがやりました」5話の視聴率と感想

8月15日放送の「僕たちがやりました」第5話の視聴率は5.4%となりました。
第4話の5.8%から少し下げています。

油断していた「ハロー張りネズミ」にも逆転されてしまいましたね。。。。
それでも個人的には見どころが結構あるのでぜひとも頑張って欲しいところです。

さてさて、5話ラストでは矢波高爆発事件の容疑者として拘留されていたパイセンが釈放されました。
この釈放には何か裏がありそうですがまたお気楽モードに戻ってきました。
パイセン役の今野浩喜さんが思いの外ハマっていますのでこのまま行って欲しいところです。

「僕たちがやりました」6話の予告と期待

あの爆発事件の真犯人が自首してきたことによりパイセンは釈放されました。
これで逃亡生活も終わりになるのかと思ったのですが事態はそうは収まらないようです。 「闇に葬られた真実」「女教師の黒い秘密」「消えない罪」「下される罰」というようなキーワードで繰り広げられる新展開から目が離せませんねー

原作本を読んでいますが原作にはない水川あさみさん演じる立花菜摘がどんな感じになっていくのでしょうか。